会社案内

弊社は創業となる2000年からインターネットを専門にした集客代行を完全成果報酬にてスタートいたしました。

その後、企業様より数々のご縁をいただき、その成果に恵まれた結果、現在では「Webサイト(ホームページ)の運用」として、SEO対策や広告の運用、サイトの改善などの日々の業務を受託させていただいております。

クライアント様から見た弊社の位置づけは、「クライアント企業のインターネット事業部」というポジションというのがイメージを持っていただきやすと思います。

資金が豊富な企業様であれば、社内にインターネット事業部として専門の人員を確保されますが、すべての企業様において考えが同じではなく、弊社へお声がけをいただいた積み重ねが今となっております。

このようなポジションを担わせていただけるのも、企業様にとってあまりにも不確実な要素が多いためだと感じております。

企業様自身でインターネット専門のスタッフを採用されても以下の課題がつきまといます。

  • デザインの見た目は良くなったが、それにともなう成果を感じられない。
  • インターネットは新しい技術や話題が多く、ついていくのがだけでも時間と労力を割かれる。
  • 人材を採用しても教育できる者がいないうえ、仕事の管理もできない。
  • どのように事業に活かしていけばよいのか、総合的にまとめられる人材が見つからない。
  • 前任の担当者に任せたが、成果が不透明なうえ、内容がよくわからないブラックボックスになってしまった。
  • 事業の方向性を示しても、どのようにインターネットを活用すればよいのかビジネスセンスがない。
  • 採用した人材の良し悪しを計るスベが無い。
  • 採用面接の段階で、応募者の技量を計ることができず、なんとなくの判断となってしまう。
  • 採用してしまうと、むやみに解雇できない。
  • 採用した人材も、経営者がよくわからないのをいいことに、話しの主導権を握られてしまいコントロールできない。

上記のようにビジネス以前の課題が多く、それに対しての時間やコストを割く負担は大きいものがありました。

当社は営業現場を経験してきたスタッフばかり

通常、インターネット関連の人員を採用しようとした場合には、経験者を優遇されます。

しかし、前述の課題がなぜ起こるのかの原因は、採用された人材の経験にあるのではないでしょうか?

採用された人材が経験者であればあるほど、
「インターネットは経験してきたけれども、他の業務は経験したことが無い・・・」
といった状況が生まれてきます。
(同類の商品をインターネットで販売されていた場合の経験を除いては)

弊社のスタッフは、営業、業務管理、接客、お客様サポートなど、自らが経験している者ばかりです。

それらの経験の上にインターネットマーケティングやホームページの制作方法を習得しているため、クライアント企業様がインターネットから集客し、スムーズに営業が動けるための仕組みがつくりたいと要望された際にも、自分達の経験と紐付けて理解を深めることができます。

その中で、営業(セールス)を経験してきたことは一番の大きな要素となると考えています。

営業(セールス)を経験すると、

  • 「どのように話せば売れるのか?」
  • 「どんなニーズのある人に商品を紹介していけばいいのか?」
  • 「どんな順番で物事を伝えればいいのか?」
  • 「売るためにはどんな資料が必要なのか?」
  • 「お客様に売ってください!と言われるには何が必要なのか?」

などを自ら考えていく必要が出てきます。

営業(セールス)を経験してきたことによって、ホームページを作る際や、広告を制作する場合にも「どのようにすればお客様となる人に、興味関心を持っていただけるか?」に注意を向けて制作することが当たり前になります。

このような考えがベースになければ、最悪の場合、ホームページの見た目だけにこだわる自己満足となってしまいます。

今や、どんな業務内容であってもセールススピリット(営業精神)は欠かせない時代になったと感じています。

弊社ではクライアント企業様よりご用命いただくサイト運営と両立させながら、今もなお、自社が所有するホームページを制作し、成果報酬(フルコミッション)で収入を得ております。

自社運営のサイトで培った手法を、クライアント様の事業にアレンジし、喜んでいただける結果へと結びつけることを使命としております。

クライアント様の多くは他社様からの乗り換え

弊社にご用命いただいておりますクライアント様は、以前のホームページ制作会社からの乗り換えとなります。

「今まで、ある業者さんに依頼していたんだけれど、成果が出なくて・・・」

クライアント様から初めてご連絡をいただいた際にはこんなお話から始まります。

よくあるホームページ制作会社さんのケースでは「じゃぁ、全面リニューアルしましょう!」と多額の予算が必要になってきますが、弊社の場合はアクセス解析を分析し「良いところは残し、改善の余地があるものに手を加えていく」といった方法をとっております。

クライアント様にとっても、成果が見えないままでの投資には迷いが生じますし、現在では売れるたようになるためには複合的な条件を整えていく必要があるためです。見た目だけを整えてもなかなか売れません。

全面リニューアルで失敗されているケースとしては、今までのSEO対策の資産を無視してサイトを作りなおしてしまうパターンです。今でも多くいらっしゃいます。

今までのやり方のすべてが悪いわけではなく、良い部分は残し、改善すべき部分に手を加えていくことが成果への近道ともなります。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー
Copyright 2017 シックスウェブコンサルティング株式会社